• お問い合わせ
  • オーダーフォーム
  • PAGE TOP

寒い冬を乗り越えよう!車にしておきたい効果的な対策とは

冬のトラブル

こんにちは、Ticksミラジーノです。
寒い季節、気温が低くなると車のトラブルが起きやすくなります。
しっかりと準備しておけばトラブルも防げますので、原因を知っておきましょう!
冬のならではのトラブルや、知っておくと便利な装備などご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

寒い時期に起こる車のトラブルとは

バッテリーが上がりやすい

冬はバッテリーの上がるリスクが高くなるので注意が必要です。
寒い日にエンジンがかかりにくくなり、セルモーターが回る音だけが鳴ってなかなかエンジンがかからないことがあります。
バッテリーの温度が下がり、うまく動作しないのでエンジンがかけられない傾向にあります。

 

フロントガラスが凍結しやすい

冬は外気の気温が低いので、フロントガラスが凍りやすく視界が悪くなるのでそのまま運転するのは危険です。
出かける際は、車内を十分あたためて凍ってしまったフロントガラスの氷が溶けてから運転するようにしましょう。

 

ウォッシャー液が凍結しやすい

ウォッシャー液のタンクに水を補充している方は凍結するリスクがあります。
とくに屋外が駐車場の方は、ホースやタンク内で水が凍ってしまいウォッシャー液が出ないトラブルになりやすいです。

 

寒い冬を乗り越える!車に備えておきたい便利な装備

エンジンスターターで快適に

遠隔操作しエンジンを前もってかけておける大変便利な装備です。
リモコンの届く範囲ですが、運転する前にかけておけば、車内が温まった状態になりエンジンやフロントガラスを事前にあたためておけます。
エンジントラブルも防げ、非常に便利で快適なのでオススメです。

 

シートヒーターで簡単にあたためる

シートヒーターで座席から暖かくできるので、寒い冬には非常にありがたいです。
ソケットから電源がとれるので後付できるものが多くあり、敷くだけでよいので簡単に設置できます。

 

ブースターケーブルで心配をなくそう

バッテリーが上がってしまったら、ブースターケーブルで充電できるので、車に積んでおきましょう。
もしものトラブルの時に、積んでいてよかったと思うのでオススメします。

 

メンテナンスで予防しましょう

冬のバッテリー上がりのリスクをなくすために、バッテリーの交換をしばらくしていない方は早めに交換しましょう。
ウォッシャー液は不凍タイプのもがありますので、冬場だけでも交換するのをオススメします。
当店でバッテリーやエンジンの点検もいたしますので、心配な方や必要だと思った方はお気軽にTicsミラジーノへご相談ください。

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31