• お問い合わせ
  • オーダーフォーム
  • PAGE TOP

雪が降っても慌てない!早めにスタッドレス交換しましょう

スタッドレス

こんにちはTicsミラジーノです。秋になりあっという間に冬が近づいてきました。
冬用タイヤのスタッドレス、みなさんはいつごろ交換していますか?
地域によって時期はことなりますが、急な雪に慌てないためにも、余裕をもってスタッドレスへ交換しておきましょう。
早めの交換によるメリットなどをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

交換目安の時期とは?

一般的に、冬用タイヤへ交換する目安とは、初雪の1か月前といわれています。
地域や、その年の気候によって変わってきますので、気象庁の発表する情報が参考になるので、確認しておきましょう。

 

早めに交換するメリット

混雑しないので交換がスムーズ

毎年、気象庁が初雪の可能性を発表すると、お店にタイヤ交換の方が集中します。
駆け込みする方でお店は混雑し、「何時間も待たされた」、「混んでいて終わったのが夜だった」など、スムーズに交換できません。
また新品のスタッドレスを買い求め、在庫切れを起こしてしまう可能性もあるので、スムーズに交換したいなら余裕をもって早めの対応を心がけておきましょう。

 

慌てない、想定外でも安心

天気が急にかわり大雪になったり、雨だったのが雪に変わってしまったり、自然の環境はきまぐれです。
余裕をもってスタッドレスタイヤに交換していると、想定外の初雪にも慌てず、安心して運転ができるでしょう。
まだ交換しなくてもいいやとギリギリで交換するよりも、想定外の場合に備えておくのがオススメです。

 

慣らし運転でタイヤの性能を発揮

新品のタイヤでいきなり雪の上を走行するより、タイヤの表皮を一皮むくことでグリップ力など、本来のスタッドレス機能を発揮しやすくなります。
ドライバーが新品タイヤ装着後の運転に慣れるように、慣らし運転をしておきましょう。

 

スタッドレスタイヤ、点検もしておきましょう。

劣化のチェック

タイヤはゴムでできているので、最初は柔らかいですが、劣化が進むと徐々に固くなってきます。
長期保管しているので、交換する前にタイヤにヒビ割れが発生していないかチェックしましょう。

 

溝の深さ(プラットホーム)のチェック

スタッドレスタイヤには、摩耗をチェックできるようにサインがついています。
50%の深さにプラットホームと呼ばれる凸があるので、露出していないかチェックしましょう。
露出しているとタイヤのグリップ力が低下、寿命となるので買いかえが必要になってきます。

 

早めの交換でもう慌てない

スタッドレスタイヤは燃費が悪いとよく聞きますが、実際は約10%ほどしか差はなく、家計にも大きな影響は出ないでしょう。
ノーマルタイヤよりゴムが柔らかいので、少し運転していて違和感があるかもしれませんが、毎年慌ててしまう方や忙しい方など、今年は早めで安心のタイヤ交換をオススメします。
スタッドレスタイヤの交換でお困りの方、タイヤ以外でもお気軽にTicsミラジーノへお問い合わせください。

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31