• お問い合わせ
  • オーダーフォーム
  • PAGE TOP

夏の車内、猛烈な暑さどうにかしたい!

ミラジーノ

こんにちは、Ticsミラジーノです。
今年もまた暑い夏がやってきましたね。年々暑さが増している気がします。
夏の車は灼熱です!運転中の日差しの暑さや、車に乗り込むときのあのムッとした暑さ、なんとかしたいですよね。
車内温度や、すばやく温度を下げる効果的なやり方などをご紹介いたします。

 

真夏の車内はやけどするほど危険

夏の強い日差しによって車内は灼熱です。
車内はわずか1時間で50度を超え、ハンドル・ダッシュボードは80度以上になることも。
うかつに触ってしまうとやけどするほど危険な熱さになっています。

ダッシュボードの上にスマートフォンを置いておくとかなり高温になり、しばらく使用不可になる場合や、ライターや炭酸飲料水などは破裂する危険性があります。
ダッシュボードには何も置かないように気をつけましょう。

 

車内の温度を上げないよう「サンシェード」を活用しよう

サンシェードの役割は、直射日光を防ぎ車内の温度上昇を防きます。
駐車場でフロントガラスに取り付けている車をよくみかけますが、リヤやサイドガラス用のサンシェードもあります。
リヤやサイドガラスのサンシェードは走行中も装着できるので、日焼けや遮光に効果的です。

では、サンシェードを取り付けていない車と、取り付けている車ではどのぐらい差があるのでしょうか。
ダッシュボードの温度で見てみると、取り付けていないと約80度まであがってしまい、取り付けていると約50度まで温度をおさえられました。
ダッシュボードの温度が高くなるほど、エアコンの効きが悪くなってしまうので、燃費にも影響してしまいます。
ガソリン代が高騰している今、すこしでも燃費をよくするためにもサンシェードを活用してみてはいかがでしょうか。

 

車内を冷やす効果的なやり方

高温になってしまった車内の温度を下げる方法とは、車内の空気を入れ替えることです。
窓を全開にしてエアコンを「外気」モードにして数分走行すると、車内の熱い空気が一気に外に出て車内を冷やす効果があります。
「内気循環」にしていると車内の熱い空気循環してしまうので、エアコンを「外気」にするのがオススメです。

車内の空気を入れ替えるのは、手軽にできる方法なのでぜひ活用してみてください。

ご自身のお車のトラブルや気になる箇所がある方、メンテナンスしてほしい方、お気軽にご相談ください!

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031