• お問い合わせ
  • オーダーフォーム
  • PAGE TOP

ミラジーノに取り付けて安心!ドライブレコーダー

ドライブレコーダー

こんにちは、Ticsミラジーノです。
最近テレビなどのニュースで、ドライブレコーダーで録画されたショッキングな映像が流れてくることが増えてきましたね。
悪質なあおり運転やもらい事故など、万が一の事故に備えておくのがとても大切になってきました。
もし事故が起こってしまったら状況証拠として警察に提出できるのがドライブレコーダーの最大のメリットとなります。

ドライブレコーダーはご自身で取付も可能ですが、気をつけなければいけないこともあります。
私たちプロにおまかせいただければ手間もかからず快適なカーライフを送れます!

 

ドライブレコーダーとは

カメラをフロントガラスやダッシュボードに取付、車の前方をカメラで撮影し自動録画。
大きく分けて常時録画型・衝撃感知型・多機能型と3種類があります。

1.常時録画型

一般的なのが、エンジンをかけると電源が入り、エンジンを停止すると録画がストップする常時録画型ドライブレコーダーです。
リアルタイムの運転を録画し、データは古い順に消去されていきます。
常時録画し続けているので大容量のメモリーカードが必要となりますが、最近はお手頃なメモリーカードが増えてきたので、安心して長時間録画できます。

2.衝撃感知型

最近はあまり見かけませんが、車に何かしらの衝撃が加わると反応して作動する、衝撃感知型のタイプ。

3.多機能型

エンジンを停止した後も録画したり、走行支援するものや、Wi-Fi対応、GPS機能、など内蔵した多機能型のタイプなどがあります。

選ぶ時は、解像度、視野、夜間でも鮮明に記録するなど、自分の目的や行動パターンに合わせたドライブレコーダーを選びましょう。

 

メリット

・状況証拠で自己防衛

事故現場を記録できるので、事故が発生しても原因がすくに判明できたり、当て逃げやいたずらをされてもドライブレコーダーが活躍!
目撃者がいなくとも相手がどんな車だったか記録できるので、事故後の処理がスムーズに行えます。
録画した映像を状況証拠として警察に提出できるのが最大のメリットとなります。

・思い出をのこす

自己防衛だけでなく、旅行、お出かけ、ツーリング、などドライブのときの思い出を記録し残しておくこともできます。
データをSNSにアップして共有したり、楽しみ方はいろいろあります。

 

ドライブレコーダー取り付け時の注意点

さまざまなドライブレコーダーがありますが、事故が起きてもいざというときに役にたたないと意味がありません。
録画の解像度は相手の車のナンバーがわかるか、夜間や逆光時でも問題ないか、信号の色が識別できるか、広角で記録できるか、など注意するポイントがありますので、お気軽にご相談ください。

 

取り付けはプロにまかせて安心の仕上がり

ご自分で取付も可能ですが、取付方を間違えたり、設定がうまうできなかったり、手間と時間がかかってしまいます。
そして、フロントウィンドウに取り付けるのですが、取付場所は自由な位置にとりつけられません。
前方の視界をさえぎらない位置に取付をおこなわないと保安基準に合格しないので、車検が通らないなんていう可能性もあるのです。

ドライブレコーダーの導入をお考えの方、やっぱり取付けておけばよかった!と後悔しないよう自分の身は自分で守りましょう!
ご相談やご依頼おまちしております!

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031