• お問い合わせ
  • オーダーフォーム
  • PAGE TOP

ミラジーノを高く買取してもらうための査定ポイント

愛車のミラジーノ。
大事に乗ってきた車だからこそ、乗り換えなどで買取してもらうときにもきちんと高く買取してもらいたいですよね。
そこで今回は、買取の際にチェックされる査定のポイントについてのお話です。

査定時のおもなチェックポイントと査定基準

外装

ボディの色は査定を大きく左右する要素です。人気のある色ほど査定金額が高くなります。ミラジーノであれば、ブリティッシュグリーンマイカが一番人気ですね。
ボディのヘコミやキズ、汚れなどに加えて、ランプ類、アンテナの破損なども重要な査定ポイント。キーを引っ掛けてできた小さな引っかきキズなども細かく見られます。
大切に乗ってきたつもりでもプロは見逃しません。

また、査定直前に車体のキズやヘコミを修理しても、その修理費用は査定額には反映されません。かえって損をすることもあります。

内装

査定の際に重視される重要なポイントが、シートやフロアマットをはじめとする内装の汚れ。
汚れがひどくて、交換が必要なレベルと判断されれば、査定金額が大幅に下がってしまいます。
タバコやペットの臭いも嫌われることが多く、マイナス査定となる要因です。

走行距離

車の平均的な年間走行距離は、普通車で約10,000km、ミラジーノなど軽自動車で8,000kmと言われています。
年式と総走行距離から割り出された年間走行距離が、この基準を大きく上回っていると、査定金額がマイナスに、逆に下回っている場合はプラス査定になると考えて良いでしょう。

エンジン周り

査定の際には、エンジンの異音をはじめ、オイル、プラグの状態、改造パーツの有無、修復歴の有無などがチェックされます。
エンジンをオーバーホールしたり、載せ替えたりしている場合は、申告するとプラス査定になる場合があります。

 

次回は、買取時に必要な書類やその他のチェックポイントについてお届けします。

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031