• お問い合わせ
  • オーダーフォーム
  • PAGE TOP

車に花粉シミが!落とし方と予防対策とは?

 

花粉シミ

こんにちは、Ticsミラジーノです。
大量の花粉が毎年2月~5月にかけて飛散し、私たちの体にも悪影響があり辛い時期です。
車を洗車してもすぐ汚れがたまり、ボンネットがザラザラに。花粉の多い時期は花粉シミまで付着することも!
もし愛車に花粉シミを発見したらショックですよね。
花粉シミはしつこいのでただ洗車するだけでは落ちません、花粉シミの落とし方と予防のポイントを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

車の花粉シミの原因とは?

花粉シミの原因は花粉内部に含まれる「ペクチン」です。
花粉が車のボティに付着しているだけでは悪影響をおよぼしませんが、そこに雨などの水分が混ざり「ペクチン」が水に溶け出すと塗装面に付着して落ちにくくシミのようになるのです。
洗車しても落ちないしつこい花粉シミ、かんたんに落とせる方法があるので、慌てずお手入れしてください。

 

車のしつこい花粉シミを落とす方法とは?

熱をあたえて落とす

花粉に含まれる「ペクチン」は熱に弱く70℃以上の熱を与えると分解されるため、シミを落とすのに効果的です。
やかんなどで、お湯(70℃~80℃)を車のボティにかけて塗装面を温めて分解させる方法があります。
このとき一気にお湯を流すより少しずつ車にかけて熱をあたえましょう。滞留するようにタオルなどをかけるとなお効果的です。

 

花粉シミを未然に防ぐ方法とは?

洗車をこまめにする

シミになる前にこまめな洗車をする、汚れを放置しないことが花粉の付着を防ぎます。
大量の花粉が付着していると傷つきやすいのでしっかり水で濡らし、普段よりカーシャンプーの濃度を濃くするとしつこい汚れが落ちやすくなります。
流水でしっかりすすぎ、ボンネットや窓ガラス周辺にも花粉が残りやすいので注意が必要です。
花粉の時期はいつもより洗車の頻度を増やしましょう!

 

車にカバーをかける


ボティーカバーで花粉や水滴から塗装を守ることで花粉シミを予防できます。
カバーを脱着する手間がかかるデメリットはありますが、確実に花粉から愛車を守ってくれるので、屋根のない駐車場を利用している車にはオススメです。

 

お手入れをらくにするならコーティング


車の花粉はシミになる前に洗車するのが効果的ですが、少しでもお手入れを楽にして、塗装へのダメージを防ぐにはコーティングがオススメです。
完全に予防できませんが、塗装面が保護されダメージを軽減します。撥水性もあるので花粉シミの予防だけでなくツヤや輝きを持たせ、洗車で汚れが落としやすくなるので、ぐっとお手入れが楽になるでしょう。
当店にもコーティングの取り扱いがございますので、お気軽にご相談ください。

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31