• お問い合わせ
  • オーダーフォーム
  • PAGE TOP

ミラジーノなどの軽自動車のシステムキャリア取り付けについて

こんにちは。今世間は空前のアウトドアブームですね
カー業界においても、大手メーカーからも純正の「アウトドア仕様車」が登場したりと話題が尽きません。

さて、キャンプなどのアウトドアに行かれる際、軽自動車はやはり荷物の問題が出てきます。
解決策の一つとして、ルーフキャリアをご検討されている方、多いのではないでしょうか?
今回はミラジーノなどの軽自動車のシステムキャリア取り付けについてご紹介します。

 

ルーフに荷物を載せる際に適用される法律について

一般的な自動車(家庭で使用されるコンパクトカーや軽自動車など)に荷物を載せる時に適用される法律上の積載物制限について。
日本の道路交通法では積載物のはみ出しについては、施行規則で以下のように規定されています。

(1)積載物の重量

自動車検査証に記載されている最大積載重量。ご自身の自動車検査証で確認できます。

(2)積載物の長さ

自動車の長さにその長さの1/10の長さを加えたもの。
軽自動車は全長3.4mですから前方か後方にはみ出すことのできる長さは34cmです。

(3)積載物の幅

自動車の幅まで。軽自動車の幅は1.48mです。

(4)積載物の高さ

地上から高さ3.8m以内(軽は2.5m以内)です。


このほかに、以下のような積載方法も法律上禁止されています。
・ハンドル操作の妨げになる
・ミラーで後方確認ができない
・ナンバーや制動・方向指示・尾灯・反射鏡が見えない


法律上ルーフには車の全長を大きく超えるカヌーなどの長尺物を積載したり、左右にはみ出すようにロードバイクを積載したりはできません。
キャンプ道具などは、長さがあるものは少ないですので、ルーフに積む荷物としては適していますね。

 

 

システムキャリア取り付けに必要なものは?

システムキャリアは、ベースキャリアとアタッチメントの2つの部分から構成されています。
土台となるベースキャリアを車体に取り付けて、その上にアタッチメントを取り付けます。

ベースキャリア

基本は、土台の「フット」、アタッチメントを取り付ける「バー」、フットと車体を固定する「フック」の3パーツで構成されています。
必ずご自身の車との適合を確認してから購入しましょう。

ベースキャリアのそれぞれの部品を個別に購入もできますが、メーカーが異なると正常に組めない場合があります。
また、メーカーが異なるパーツで組んだ場合は、保証を受けることができまなくなる場合がありますので注意が必要です。
※メーカーによって部品の呼び方が違ったり、車種によって必要なパーツが異なる可能性があります。

アタッチメント

ベースキャリアに用途に合わせて取り付けます。
用途や車のサイズに合わせて最適なアタッチメントを選びましょう。

ルーフラック:荷物をラックの上に載せてネットやベルトで固定します。
ルーフボックス:ボックス形状でフタが閉まるため、悪天候の日でも安心です。
・サーフボードアタッチメント:サーフボードの固定用アタッチメント
・スキーアタッチメント:標準タイプの最大積載数量はスキー6セットまたは、スノーボード4枚。
・サイクルアタッチメント:自転車の固定用アタッチメント
・フィッシング用:バスロッドなど、のばしたままで積載が可能。

「ルーフラック」と「ルーフボックス」は非常によく目にしますね。
キャンプなどにご使用の場合は、「ルーフラック」の方が使い勝手がいいように思います。

 

「ルーフラック」のメリット・デメリット

メリット

・ルーフボックスに比べて価格が安い。
・使用しない時でも、あまり場所をとらず保管しやすい。
・法律の範囲内であれば、荷物の形に制限なく積むことができる。

デメリット

・しっかり固定しないと、荷崩れの心配がある。
・積荷がむき出しなので雨や汚れなどがつきやすい。
・積荷がむき出しなので盗難の心配がある。
・荷物を積むたびに、高さや幅などを確認する必要がある。

 

 

「ルーフボックス」のメリット・デメリット

メリット

・蓋付きのボックス形状なので、雨や汚れがつかない。
・蓋付きのボックス形状なので、荷崩れの心配がない。
・設置の際にボックスが法律制限内であれば、使用のたびに高さや幅などを気にする必要がない。

デメリット

・.ルーフキャリアより価格が高い。
・使用しない時の保管に場所をとる。
・ボックスに収まらない荷物は積むことができない。

 

 

ルーフキャリア、ルーフボックス使用時の注意点

装着時はクルマの高さに注意!

積載時の高さを確認し、とくに立体駐車場や高架下等高さ制限のあるところでは必ず確認しましょう。
高さの法律制限は3.8m(軽自動車は2.5m)以内ですが、立体駐車場の高さ制限は1.5~2.5mほどのところが多く注意が必要です。

年中つけっぱなしは燃費を悪化させますのでオススメしません!

必要のないシーズンでも、つけっぱなしにしていると、空気抵抗の増大により燃費が悪くなります。
高速走行するとさらに燃費が悪化するので注意が必要です。
ルーフキャリアが必要ないオフシーズンは、車体から外して保管しておくことをオススメします。

洗車機を利用する際は取り外しましょう!

洗車機はルーフキャリア不可の場合がほとんどです。取り外してから洗車しましょう。

 

 

車検について

ルーフキャリアはボルトなどで脱着可能なものなら、装着したまま車検を通過できます。
溶接やリベット止めで装着されていて簡単に脱着できない場合は、寸法基準をオーバーしてしまうため車検に通りません。
その場合は、ルーフキャリアを取り外すか構造変更の申請が必要です。

注意したいのが、脱着可能なら装着したまま車検OKですが、これは継続車検の場合のみです。
登録切れの車を新規登録する場合は、取り外すか構造変更の申請が必要です。
中古車の新規登録の場合は注意しましょう。

 


ミラジーノへのシステムキャリアの取り付けは、当店におまかせください!!
どんなタイプを選べばよいのかわからないという場合もお気軽にご相談ください。
お気に入りの道具をルーフに積んで、ミラジーノでアウトドアを楽しみましょう!!

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31