• お問い合わせ
  • オーダーフォーム
  • PAGE TOP

エンジンオイル交換について

暑さもおさまり、過ごしやすくなってきましたね。
暑い夏のレジャーも楽しいですが、秋のツーリングも気持ちいいですね。
今回は車の心臓部と言われるエンジンに必要不可欠なエンジンオイルについてお話したいと思います。

皆さまは愛車のエンジンオイルを定期的に交換されてますでしょうか?
オイル交換を怠るとエンジンの寿命を縮める事になり、エンジン故障の原因になります。
オイル交換は、安全に気持ちよく乗り続けていくための重要なメンテナンスとなります。

 

なぜオイル交換が必要なのか?

4ストロークエンジンを搭載するミラジーノは、エンジン内部では吸気/圧縮/爆発/排気の工程をピストンが上下し行われています。
その際、ピストンとシリンダーで起きる金属摩耗を防ぐためにエンジンオイルが必要となります。
その他にも、冷却作用や密封作用、燃料の不完全燃焼によって発生するスラッジの洗浄などを行います。

古いオイルのまま使い続けると、金属摩耗を起こしエンジンの焼き付けにつながります。
走行中にエンジンが焼き付いた場合、急停止するため大変危険です。

 

エンジンオイルの交換タイミングはいつ?

オイル交換の目安には、距離と使用期限があります。
自動車メーカーでは、走行1万~1万5,000kmまたは1年と指定している場合が多いです。

しかし、アイドリングが多めだったり、高回転をキープしたまま高速走行した場合などでも交換時期は変わってきます。
また、ミラジーノにはターボモデルもあり、ターボはエンジンに負荷を与えるため、
メーカーも半年か5,000kmどちらか早い方でのオイル交換を推奨しています。

 

エンジンオイルの種類は?

オイルには粘度とグレードで性能が表されています。
粘度は、「0W-20」や「10W-40」で表されており、数字が低いほど粘度は低くなり(サラサラ)低温での始動性に優れています。
数字が高いほど粘度は高くなり(ネバネバ)高温でも劣化しづらくエンジン保護に優れています。

グレードは、API規格とILSAC(GF-5)規格の2種類が設定されており、ガソリンエンジン車はSで始まり、後のアルファベットが進むほど性能が高くなります。

 

上記の表記以外に、ベースオイルの種類もあります。
ベースオイルの種類は ①化学合成油 ②部分合成油 ③鉱物油の3種類です。

化学合成油

化学的に合成したベースオイルで、添加剤が合成されています。
高性能なベースオイルとして知られ、価格は高めです。

部分合成油

鉱物油に化学合成油を20~30%混ぜ合わせたベースオイルです。
基本的な性能を備えつつも、値段もそこまで化学合成油ほど高価ではありません。
しかし化学合成油に比べると耐熱性の面で劣ります。

鉱物油

価格が安く、原油から不純物を取り除くことで精製されたベースオイルです。
値段が安い分劣化は早く、酸化もしやすいため、品質よりも価格を重視したい場合のオイルです。

 

エレメント交換は必要?

オイルの汚れには、金属摩耗によって発生した鉄粉なども交じっており、フィルターが取り除いてくれます。
オイル交換2回に1回の割合でのエレメント交換をお勧めしています。

 

 

エンジンオイルの劣化を体感するは難しいです。
しかしエンジンオイルはエンジンの寿命に大きく影響する箇所であり、定期的な交換を行うことで愛車の寿命を伸ばす事ができます。

自動車メーカーが推奨しているエンジンオイルを選択するでも良いですが、ご自身の走り方、お車の利用用途などでオイル性能を変えても良いかと思います。

当方、カスタムショップとしてのイメージを持たれてる方も多いとは思いますが、一般整備も行っておりますので、
コンディションで気になることがありましたら、お気軽にご来店いただければと思います。

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031